So-net無料ブログ作成

浪人するときの注意と落とし穴





こんにちは(゜▽゜*)





僕は1浪して行きたい大学ではありませんでしたが、国立大学生に行くことができました





そのときの経験と僕のみた他の生徒の状況について考えみたいと思います





僕は河合塾での浪人をしました




理系の駿台と言われていたので、駿台にしようと考えて




なぜ河合にしたかと言うと授業料の免除額が多かったからです(笑)




たぶん授業料20万 入学金5万だったはず…




河合塾はまず授業が始まる前にテストを受けます




このテストで理科の科目はT * 無印 の3クラスに分かれます




Tはテキストが上位国公立や早慶の難しい問題を正当しなければならない人向きに作られていて難しいです




* 無印はテキストは上記以外の人レベルで同じテキストを使いますが、やる問題が*と無印では違うそうです




まあ自分にあったレベルのものを使うのがポイントでしょう!!




今の春休みの期間には勉強してない人も多いのでもし上位校を受けて忘れているかどうか不安な人は掲示板とかに問題をアップしている人もいるので1つの方法かもしれません




数学や英語は東大クラスならテストの結果がどうであれ、Tテキストを使用するようにクラスでテキストが決まるようになっています




これは校舎によって違うんですが 、旧帝大クラスでもTテキストを使わなかったりするので、東大クラスや医学部クラスに入っておいて、東大を受けない人もいるそうなので、今のうちにクラスを変更するのも
ありでしょう




最後に予備校の授業が始まってから頑張っても合格は全然間に合うんで、いまから頑張って燃え尽きないように、授業が始まるまでは、ほどほどに勉強して、今のうちに遊んでおくのが良いでしょう(*´ω`*)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。